ロゴ
HOME>レポート>必要な資格を取得しよう!医師事務作業補助の仕事を紹介

必要な資格を取得しよう!医師事務作業補助の仕事を紹介

勉強道具

医師事務作業補助の仕事内容について

医師事務作業補助とはメディカルセクレタリーまたはドクターズクラークとも呼ばれる、医師の事務作業をサポートし、医療の質を高める仕事です。例えば、診断書や処方箋などの作成を代行したり、手書きカルテや電子カルテの代行記載をしたりします。さらには入院手続きの説明業務や各種証明書発行の代行もありますし、院内統計業務や会議資料作成などもします。要するに、医師と看護師、医師と患者さんをつなぐ役目と医師が働きやすいように事務面でのサポートをするのが主な業務といえるでしょう。必要とされるのは、常に一歩先を見て行動する力や相手の気持ちを察することのできる洞察力などです。人とかかわる仕事であるため、特にコミュニケーションのスキルが必要であるといえるでしょう。

勉強道具

医師事務作業補助になるためには

医師事務作業補助は、最近では入院設備のある大規模病院や、救急指定病院などでの求人が多くあります。特に国家資格などは必要とされていませんが、6ヶ月以内に32時間以上の研修が必要となります。各種民間機関の認定資格がいくつかあり、資格取得に向けた講座を受講するなどをしてスキルアップすることで就職に有利になるということはあるでしょう。実際に業務についた場合でも、事前の知識があればそれだけ早く業務に慣れることができると思います。医師事務作業補助は、元々は医師の負担を経験することを目的に導入された職種なので、やはり、正確さとスピーディーなスキルは求められます。ですから、やはり作業内容についての理解や知識はとても大切です。まずは、資格取得を目指して学習することが優秀な医師事務作業補助になる為の近道といえるでしょう。

広告募集中