ロゴ
HOME>イチオシ情報>医療の知識や技術は専門学校で学ぼう【効率のよい勉強方法を知る】

医療の知識や技術は専門学校で学ぼう【効率のよい勉強方法を知る】

医大生

医師など医療関係の人間になるための勉強をする方法

医師になるためには大学の医学部へ進学しなければなりません。効率よく医学部に入るならば、医学部受験に特化した予備校に通うこともあるでしょう。また、もちろん医師だけに限らず看護師や鍼灸師などになるためにも進学をする必要があります。医療系の学校は学力試験だけでなく、面接や小論文が課せられることが多いので、きちんと勉強をしていきましょう。そして、入学後は大学や専門学校で学び、資格取得や将来働けるようにたくさんのことが学んでいってください。将来タメになる学習や経験ばかりです。

大学に通う場合と専門学校へ通う場合の違いについて

大学では広く社会に通じる人材を育成

医師を始め、臨床工学技士や臨床検査技師などの医療系国家試験を受験するためには、大学や専門学校で所定の単位を修めなければなりません。大学では専門科目の他に一般教養の科目を学びます。一般教養を学ぶことで幅広い知識を持つことができます。それによって色々な社会で通用する人材の育成を目指します。

専門学校では即戦力になる人材を育成

それに対して専門学校では、専門科目に絞って講義や実習を行います。現場で通用する知識や技術を身につけるため、即戦力として働ける人材の育成を目指しているのです。

医療業界で活躍できる仕事内容

医師以外にも、医療業界で活躍できる仕事の種類はたくさんあります。例を挙げると、臨床工学技士や放射線技師、看護師などが該当します。しかし、そのほとんどにおいて資格が必要となります。しかも国家資格であることが多いので、専門学校や大学などで学ばなければなりません。医療業界で活躍するためには、それだけの専門知識が必要なのです。

専門学校への入学までの流れ

医大生

入学試験方法をチェックする

まずは専門学校の入学試験には、AO入試・推薦入試・指定校推薦入試・一般入試など様々な方法があります。そのため、希望校にはどのような入学試験方法があるのかをまずチェックしましょう。

専門学校に出願する

希望する専門学校や入学試験方法が決まったら、希望校へ出願しましょう。出願には締め切りがあるので、期限に間に合うように書類を提出します。書類も入学志願書や出身高等学校調査書など、決められた書類があることにも注意しましょう。

入学試験を受ける

願書提出の提出を無事に済ませたら、いよいよ入学試験です。当日は受験票など忘れ物がないようにしましょう。また試験時間に間に合わせるために、余裕をもって試験会場へ向かいましょう。

必要な入学手続きを済ませる

入学試験に無事合格すれば、専門学校より合格通知書・学費納入明細書・その他の必要書類が送付されます。学費納入明細書には学費の納付期限が記載されているので、期限内に払い込み手続きを行います。

広告募集中