ロゴ

臨床工学技士の仕事内容

臨床工学技士とは、医師の指示を受けて生命維持管理装置などの医療機器を操作・保守点検する技術者のことです。医療機器のスペシャリストとして、血液浄化療法業務・手術室業務・集中治療室業務などを行います。また、臨床工学技士の主な勤務先は総合病院となります。

臨床工学技士と臨床検査技師は何が違うの?

生命維持装置のスペシャリスト

臨床工学技士とは、生命維持装置のスペシャリストです。臨床工学技士が取り扱う生命維持装置には様々な種類があり、自分で呼吸ができない方が使用する人工呼吸器や、心臓カテーテル装置、人工透析などが該当します。これらの機器を安全かつ有効に使う専門家として、医学と工学両方の知識が必要です。

患者にアプローチして検査を行う

一方臨床検査技師は、医師の指示に基づいて病気の診断や治療方針の決定に必要な臨床検査を行う技術者です。健康診断・治療のための検査などで活躍します。患者にアプローチして検査を行うため、コミュニケーション能力が求められます。

臨床工学技士になるために必要な資格

臨床工学技士になるためには、臨床工学技士の国家試験に合格して資格を得ることが必要です。国家試験を受験するためには、臨床工学技士養成課程がある大学・短大・専門学校などで学んで、指定された科目を修めなければなりません。このような学校は全国各地にあります。

専門学校を見つけるために気をつけること

女性

通える範囲で選ぶ

臨床工学技士の国家試験を受けるためには、専門学校などで指定された単位を修得する必要があります。専門学校で学ぶ場合、最低でも3年以上通わなければなりません。このように専門学校では長期間にわたって学び続ける必要があります。あまり遠方にある専門学校では通いきれない可能性があるので、通える範囲にあるところを選びましょう。

働きながら学ぶ場合は強い意志が必要

臨床工学技士になりたい人の中には、働きながら学びたいという人もいるでしょう。そのような人は昼間の専門学校よりも、夜間部を設けている専門学校がおすすめです。ただし、夜間部の専門学校は基本的に4年制です。働きながら長期間学ばなければならないため、強い意志をもち続ける必要があります。

学費もチェックしよう

臨床工学技士の専門学校では、実験実習費や施設費等が学費に含まれることが多いです。専門学校によって異なりますが、年間学費が100万円を超えてしまうケースが多いです。そのため、専門学校を選ぶときは学費を比較検討することも必要です。また奨学金制度を採用している専門学校がほとんどなので、それもチェックすることをおすすめします。

臨床工学技士になるための基礎知識【目指すための方法をチェック】

男性

臨床工学技士の専門学校を探す方法

臨床工学技士になるためには、高校を卒業した後に養成課程がある大学・短大・専門学校などに通う必要があります。このうち専門学校は就業年数3年以上となっていて、大学よりも短期間で卒業できます。少しでも早く臨床工学技士として働きたいのであれば、専門学校がおすすめです。全国各地に臨床工学技士養成の専門学校がありますが、医療系進学サイトなどをチェックして、自分に合いそうな専門学校を探してみましょう。このようなサイトでは、パンフレットを請求できるところもあります。興味のある専門学校を見つけたら、資料請求してみましょう。

柔道整復の資格が取得できる専門学校☆

マンガ家になりたいなら専門学校に通おう☆

広告募集中